HOME > 『悠ゆな物語』

『悠ゆな物語』

平成29年10月27日(土)~28日(日)1泊でお世話になりました。同行したのは3夫婦の兄弟会です。既に両親は他界し、子供達も手を離れ、冠婚葬祭も一段落、会う機会も少なくなって始めた1年に1回の旅行です。山形、栃木、埼玉に在住しているので、丁度中間地点あたり、長兄に敬意を表して山形寄りに宿を取ろうと探した悠ゆ亭でした。東日本大震災以来、できるだけ福島にお金を落とすという意味もありました。
悠ゆ亭、素敵な宿でした。宿の醸し出す格調の高さ、ご主人・奥様の高雅な面持ちと厳選された素材を生かす味わい深い料理、美意識を感じる器、年齢を重ね少し洗練されてきた私達の目や舌が満足しておりました。また会おうねと話して3方向に別れました。あと何回旅行ができるのかわかりませんが、悠ゆ亭には是非またお世話になりたいと思います。朝倉

【2016年12月9日】 女性家族ご利用

11/12 お世話になりました。
親子二人の女子会でした。

チェックイン後 すぐに温泉に入り お腹を思いっきり空かせ待ちに待った夕食へ。
そば田楽 イワナの塩焼き きのこ汁 手打ちそば イワナの炊き込みご飯 その他たくさん(^^)

どれも美味しかったです。
実を言うと イワナやヤマメ、あゆ 頭から食べたことはありませんでした。 御主人が 頭から尾まで 手掴みでかぶりついてくださいという言葉通り バクっといきました。 ❗❗おいしー❗❗感動ものです。

きのこ汁は 味わい深く飲むにつれ 味が濃くなっていくような…でも悲しいかな、お腹一杯になり過ぎて全部飲めなかった(TT)

イワナの炊き込みご飯もゴマとシソが入っていてすごく美味しく完食。 お蕎麦は御主人が目の前で打ってくれた十割そば もぐもぐ頂きました。新そばのほのかな香りが いっぱいのお腹に吸い込まれていきました。

ホントに夕食も朝食も美味しかったです。

お風呂も貸し切りなので 人目を気にすることもなくゆっくり入れます。 お湯も 丁度良い熱さで 芯から温まることができました。
お風呂もお部屋も清潔で ゆったり過ごせました。

また行きたいな~
イワナ食べたい
今度は 家族旅行…5人ほど…でお世話になりたいと思っています。

【2016年9月25日】 女将親戚 10歳

私は高子さんのお姉さんの孫です。今回初めて悠ゆ亭にとまらせていただきました。夜ご飯についていたいわながとてもおいしかったです。私はいわなはそんなに好きではないですが稔さんが作ってくれたいわなは特別においしかったです。 高子さんは私が黙っていると私に話しかけてきてくれて、その質問に私は答えると高子さんは笑顔になってくれます。それに笑顔ばかり見せて暗い顔は1度も見せませんでした。 今回私は謝りたいことがあります。それは、私がおみくじできょうをひいたせいで不運なことが起きてしまったのです。そのことについては本当にごめんなさい。 今回の旅行は本当に楽しかったです。それも稔さんと高子さんがいてくれたからです。今度は違う人も呼んで悠ゆ亭に行きたいです。

【2016年8月8日】 若夫婦 30代

7月末に夫婦二人でお世話になりました。お食事が一番の目当てで伺ったのですが、結果、こちらのお宿を選んで大正解でした。お料理のひとつひとつにこだわりと愛情が感じられ、夫も満腹で動けなくなるほど量も十分でした。蕎麦粉や蕎麦の実を使ったお料理がいくつかありましたが、調理方法や味付けが全て異なるので、全く食べ飽きることがありません。ご主人が目の前でうって下さる十割蕎麦は、お蕎麦の甘みと鼻に抜ける香りが最高でした。岩魚の身が肉厚でふっくらしていたのも感動。頭から尻尾までペロリといただきました。岩魚酒付きのプランにしたのですが、岩魚の旨味と香ばしい香りがクセになり、ついおかわりしてしまいました。そして、個人的に一番感動したのがお米です。夜にいただいた岩魚の炊き込み御飯は、キラキラ輝いた白米のあまみと、臭みが全くなくふっくら柔らかな岩魚の身がよく合っていました。朝食ではおひつにたっぷりの白米をご準備いただいており、蓋を開けた瞬間またしてもキラッキラのお米。固すぎず柔かすぎずな最高の炊き具合で、朝からお茶碗2杯も食べてしまいました。
長々と書き綴ってしまいましたが、ご主人と奥様の明るく朗らかな人柄に癒されながら、肩肘張らずリラックスして過ごすことかできました。大満足です。今度はぜひ季節を変えて、また伺いたいと思います。

【2016年1月12日】

まず驚いたのは指物職人による玄関の引き戸の素晴らしさです。お風呂は貸切りのかけ流しで薄茶色の滑らかなお湯でした。カウンターで頂いたお食事は目の前で焼いたイワナや蕎麦田楽、さらに地元で採れた秋のきのこ汁、最期にご主人が手際よく目の前で打ってくれた10割蕎麦は、思わず身を乗り出して見入ってしまいました。すぐにでもまた行きたいような宿でした。

| HOME | 悠ゆ亭だより | 悠ゆな物語 | アクセス | 周辺情報 | プライバシーポリシー | リンク集 | サイトマップ |  |

福島県耶麻郡猪苗代町林崎461-3 TEL 0242-63-1900 FAX 0242-63-1901